第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)公式サイドイベントシンポジウム開催のお知らせ

2019年7月16日

1 of 1

ササカワ・アフリカ財団(SAA)では、2019年8月28日、横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)の公式サイドイベントとして「アフリカの農業と未来― 若者の力と農業ビジネス ―」と題したシンポジウムを開催いたします。

現在アフリカ各国は、若者世代の高い失業率という深刻な問題を抱えています。アフリカの若者人口は2030年には4億4千万を超えると予想されており、急激な人口増加は雇用市場をさらに圧迫すると考えられます。そんな中、多くの人口を抱える農村の若者が、農業に未来を描けないという問題は、日本もアフリカも共通する課題であるといえます。本シンポジウムでは、イノベーションや農業ビジネスを通じていかにアフリカの農村の若者に機会を提供できるか議論することを目的としています。
 
当日は、アフリカと日本を代表する4名の有識者による講演と、ルース・オニアンゴSAA会長(アフリカ食糧賞受賞者)をモデレーターとしてパネルディスカッションを行います。有識者による討論の後、アフリカ、日本を代表する若者を交え、議論を深めます。

基調講演:
Akinwumi Adesina 様 アフリカ開発銀行 総裁
Josefa Leonel Correia Sacko様 アフリカ連合農業経済局長
笹川陽平 様 日本財団 会長
高橋博之 様 株式会社ポケットマルシェ 代表取締役

パネリスト:
Yenenesh Egu 様 エチオピア連邦農業省 普及局局長
Abdoulaye Hamadoun様 マリ農業経済研究所 所長
Paul Kibwika 様 ウガンダ マケレレ大学 農学部教授
Lindiwie Majele Sibanda 様 Global Alliance for Climate Smart Agriculture (GACSA) 理事


ルース・オニアンゴSAA会長よりメッセージ:
「アフリカの更なる発展のため、各国の代表が互いに学び合うシンポジウムになると確信しています。SAAは30年以上にわたり、零細農家や普及員と協力してアフリカの農業発展に尽くしてきました。これからもアフリカが向き合う課題に真摯に取り組んで参ります」


主催:ササカワ・アフリカ財団
後援:アフリカ開発銀行
助成:日本財団

なおご来場には、事前のID登録及び本シンポジウム専用パスが必要となりますので、7月29日(月)までに必ずこちらのリンク(http://c-linkage.com/reg/ticad2019) からご登録をお願いいたします。ご不明点等ございましたら、ticad7@saa-safe.org(担当:徳末)にお問い合わせください。

シンポジウムご案内

SAA 出版物のご紹介

SAA 30年史

"Take it to the farmer" のダウンロードはこちらから

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"のダウンロードはこちらから

Feeding the Fufure

英語版ニュースレターのダウンロードはこちらから

アップデート情報やメール配信、出版物購読はお問い合せフォームよりご連絡ください。

SAAメールニュース

SAAの活動動向などをレポートしたメールニュースを不定期発行しています。
ご興味がありましたら、是非メンバーにご登録ください。

メインパートナー

Nippon Foundation SAFE