理 事

会長:Ruth K. Oniang’o教授(非常勤)

African Journal of Food, Agriculture, Nutrition and Development誌の創刊者・編集長。ケニアを拠点とするNGOのRural Outreach Programの創設者・リーダー。国際肥料開発センター(IFDC)や、国際稲研究所(IRRI)、オーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)など、多くの国際機関の委員会メンバーである。2002年から2007年まで、ケニア国会議員を務め、教育分野での第一人者であった。現在、ケニア政府の食糧安全保障・栄養部会の議長。

副会長:Dr. Amit Roy

アミット・ロイ博士は、副会長としてSAAの全オペレーションを管轄する。博士は、1992年から2015までIFDC(International Fertilizer Development Center)の総裁兼最高経営責任者(CEO)を務めた。40年間に及ぶ国際農業開発分野でのキャリアを通じて、100カ国以上で活動した経験を持つ。博士のリーダーシップの下、IFDCは世界の持続的な農業生産性向上のためのプログラムを拡大し、農民の貧困削減や、世界の食糧と栄養の安全保障・環境保護・経済成長を追求しながら、農家を支援してきた。
その他の功績として、博士は2006年にはナイジェリアのアブジャで開かれたアフリカ肥料サミットの中心的なオーガナイザーを務めた他、2008年には米国衆議院の党員集会でスピーチをし、2012年、世界環境計画(UNEP)のグローバル・ニュートリエント・マネジメント・プロジェクトの運営委員に任命されている。

理事長:北中 真人

2019年11月5日に理事長に就任。国際協力機構(JICA)で農村開発部部長を務め、アフリカにおけるコメの生産量の倍増を目的とした「アフリカの稲作振興のための共同体(CARD)」の拡大に尽力した他、ケニアを起点に広がっている市場志向型農業振興アプローチであるSHEPの推進、およびIFNA(食と栄養のアフリカ・イニシアチブ(IFNA)の立ち上げにも貢献した。

常務理事:井関 ふみこ

業務執行理事として財団事業全体を専務理事と共に統括。主にアフリカ紛争影響国の復興支援において長年の経験を持つ。バングラデシュにおいて村落開発普及員(海外青年協力隊/JOCV)として活動後、Tufts 大学Fletcher School of Law and Diplomacyにおいて人間の安全保障(難民支援/イスラム文明)を専攻し、国際関係修士号を取得。Tufts大学Nutrition Schoolにおいて人道支援(食糧安全保障/栄養)も修得。SAA参画以前は、国連世界食糧計画(WFP)エチオピア事務所において難民支援、WFPザンビア事務所においてプログラムマネジメントに従事。その後、Global Link Managementに在籍しJICA/JPF/JETRO事業のコンサルタントとして従事。人道と開発の連携を得意とする。

理事:大迫 勝博(非常勤)

財団の非常勤理事として日本国内のファンドレイジングを担当。当財団に勤務する以前は、(財)国際協力推進協会及び外務省経済協力局に勤務。山口大学国際アドバイザー等歴任。
これまでに外務省、JICA, 国連、世銀等の事業を実施。アジア・アフリカ諸国における貧困削減に向けた農業開発支援を始め、1998年にはTICAD記念事業(アフリカンフェスタ)の運営など、多くの途上国支援に向けた調査、研究、活動を行ってきた。2016年には、TICAD Ⅵのナイロビのビジネス会合に企業代表団として参加。

評議員

尾形 武寿

日本財団 理事長

大野 修一

笹川平和財団 理事長

平野 克己

日本貿易振興機構 アジア経済研究所 上席研究員

監事

菅井 明則

笹川平和財団 常務理事


SAA 出版物のご紹介

SAA 30年史

"Take it to the farmer" のダウンロードはこちらから

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"のダウンロードはこちらから

Feeding the Fufure

英語版ニュースレターのダウンロードはこちらから

アップデート情報やメール配信、出版物購読はお問い合せフォームよりご連絡ください。

SAA メールニュース

SAAの活動動向などをレポートしたメールニュース(英語版)を不定期発行しています。
ご興味がありましたら、是非メンバーにご登録ください。

メインパートナー

Nippon Foundation