e-エクステンション・プラットフォーム

SAAは「e-エクステンション・プラットフォーム」構想を掲げ、ICT(情報通信技術)を活用し、小規模農家とその関係者との情報格差の解消を目指しています。

具体的には、各国で現地のベンチャー企業と連携し、既存の農業普及アプリの導入や新規のアプリ開発を行っています。例えば、エチオピアでは、農家が病虫害の対処法などに悩んだとき、写真やSMSで相談事を送り、普及員がアドバイスを返信するという機能を実装したアプリや、ウガンダでは種子や肥料の購入や、農産物の市場価格をチェックできるアプリなどが活用されています。

また、SAFEプログラムにおいてもICT技術の活用を進めています。例えば、エチオピアのバハルダール大学、マリのセグ―大学では、「eラーニング・プラットフォーム」を構築するため、パソコンやウェブカメラなど必要な資材供与や、オンライン会議ツール「Zoomプロ」などのアプリケーション導入を行い、農業普及員が遠隔からでもオンラインで大学の授業を受けることができるようにしました。

アフリカ初の小規模農家向けの 「e-エクステンション・プラットフォーム」 構築の取り組みについて(PDF)


アプリを活用し種子や肥料の買付けをする農業資材小売店オーナー(ウガンダ)


エチオピアの主要言語アムハラ語対応のアプリ

現地の農家の声

バハルダール大学に設置されたICTリソースセンター
エチオピア
2021年4月14日

エチオピアにおけるe-エクステンション・プラットフォームの立ち上げと現地大学と連携したe-ラーニング・プラットフォーム構築について

COVID-19ニュースレターを発行したことをお知らせします。今回は、エチオピアにおけるスマートフォンを使ったアプリの導入やe-エクステンション・プラットフォームの立ち上げ、さらに現地大学と連携したe...

マリ
2021年1月25日

マリにおけるeエクステンション・プラットフォームとeラーニング・プラットフォームについて

COVID-19ニュースレターを発行したことをお知らせします。今回は、マリにおける新型コロナウイルス対応策と今後の展望について、農業普及の現場で取り組んでいるeエクステンション・プラットフォーム並びに...

SAA 出版物のご紹介

SAA 30年史

"Take it to the farmer" のダウンロードはこちらから

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"のダウンロードはこちらから

Feeding the Fufure

英語版ニュースレターのダウンロードはこちらから

アップデート情報やメール配信、出版物購読はお問い合せフォームよりご連絡ください。

SAA メールニュース

SAAの活動動向などをレポートしたメールニュース(英語版)を不定期発行しています。
ご興味がありましたら、是非メンバーにご登録ください。

メインパートナー

Nippon Foundation