【国際女性の日】在エチオピア日本国大使館主催イベントにSAAの支援を受けた女性が参加

ニュース
2021年3月19日
etv(エチオピアテレビ局)で放送された座談会でのジェンベリトゥさんとニギステさん
etv(エチオピアテレビ局)で放送された座談会でのジェンベリトゥさんとニギステさん

在エチオピア日本国大使館伊藤恭子大使主催により、202134日に「国際女性の日」にちなんだ座談会イベントが開催されました。女性・児童・青年省のフィルサン大臣も参加するそのイベントには、SAAから支援を受け、現在は起業家として活躍する女性2名も招待され、自身の経験を語りました。

【ジェンベリトゥ・メゲラさん】

メゲラさんが代表を務めるエジェット・イャバルティナ・ウテット農産物加工協同組合は、2006年にオロミア州のモジョに、SAAの支援により設立されました。現在、同組合では、ローカルビールと呼ばれる「タラ」の原材料となる穀物、コショウ、スパイスなどの加工に取り組むとともに、各種レシピの開発を行っています。組合の資本は5,000,000ブル(128,205米ドル)と推定されています。

ニギステ・カッセさん】

カッセさんが代表を務めるアレン・テスファ・女性農産物加工協同組合は、アムハラ州アワベルにあります。 2012年にSAAの支援を受けて設立されました。 組合は、穀物、マメ科植物、コショウ、その他の香辛料の加工を行っており、その資本は1,500,000ブル(38,461米ドル)と見積もられています。

お二人は、自らの事業や経験について語り、SAAからの支援を通じてどのように意識が変化し、技術が向上し、また生活が改善したかを語りました。
 

この座談会の様子は、エチオピアテレビ局(etv)にて、アムハラ語と英語のニュースで報道されました。


etv(エチオピアテレビ局)よりインタビューを受けているジェンベリトゥさん


etv(エチオピアテレビ局)で放送された座談会でのジェンベリトゥさん(左)とニギステさん(右)

 

SAA 出版物のご紹介

SAA 30年史

"Take it to the farmer" のダウンロードはこちらから

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"のダウンロードはこちらから

Feeding the Fufure

英語版ニュースレターのダウンロードはこちらから

アップデート情報やメール配信、出版物購読はお問い合せフォームよりご連絡ください。

SAAメールニュース

SAAの活動動向などをレポートしたメールニュースを不定期発行しています。
ご興味がありましたら、是非メンバーにご登録ください。

メインパートナー

Nippon Foundation SAFE