<募集終了>【採用情報】財務・会計担当職員(契約) 募集

採用
2021年11月24日
経理課職員の現地出張の様子
経理課職員の現地出張の様子

本案件は、募集を終了いたしました。
沢山のご応募をいただきましてありがとうございます。

ーーーーーー
募集ポジション】
財務会計担当職員
(ファイナンスオフィサーもしくはジュニアファイナンスオフィサー)

【勤務開始日】
2022
年3月1日頃から勤務開始可能な方(応相談)

【契約形態】
契約職員(試用期間3か月)

【契約期間】
1年間
※但し、契約満了前に双方合意の上契約期間の延長もしくは正社員としての採用の可能性あり

【業務内容】
マネジメント業務
を主とする京本部に所属し、主に予算管理、会計業務の担当者として以下の多岐に渡る業務を行っていただきます。なお、下記すべての業務に精通している必要はありません

経理業務:日々の記帳(PCA公益法人会計)、経費精算、決算業務、現地事務所の経理サポート(現地会計担当者との日常的なコミュニケーションあり)、固定資産管理など
財務業務:収支の管理・収支報告書の作成、金融機関の管理と折衝(日本・海外)、送金業務など
規程管理業務:財務会計に関する規程の改定、各種契約書の締結準備など
予算関連業務:予算会議の計画・立案・運営、予算策定、予実管理など
プロジェクト管理:現地プロジェクト予算確認、ドナーへの報告書のレビューなど
理事会・国際会議等運営業務:予算、支出実績、予実比較等の資料作成など
税務業務:償却資産申告、確定申告対応、顧問税理士事務所とのやりとりなど
監査業務:監査法人の選定、監査計画、監査法人とのやりとり、内部統制の整備など

※当財団の対象国(エチオピア、マリ、ナイジェリア、ウガンダ)へ海外出張あり(各国事務所の財務会計に関する監査業務、担当者及びマネジメント層との会議)
※上記業務
に精通した後は、業務改善提案などの経営企画業務、ファンドレイジングや民業連携、など多岐にわたる業務を手がけていただけます。

【募集人数】
1名

【必要な語学力】
英語(目安としてTOEIC 860点程度、現地スタッフや関係者との議論や交渉、書類作成、プレゼンテーション等が行える語学力を有する方)

【必要な学位】
学士以上

【類似業務験年数】
社会人経験4年以上

【業務内容による年齢の目安】
 20代後半~30代半ば


【必要な経験、資格等】
・基本的な財務・会計の知識
・エクセル、ワード、パワーポイント
・英語を使った実務経験
・海外出張が可能な方(3ヶ月に1回程度。1回につき1-2週間程度)
・プラントまたは開発コンサルタント等海外建設工事のアドミン・ファイナンス経験(見積積算・予算管理・サブコン契約等)または経営企画等の経験があれば尚可

【求める人物像】
・当財団のビジョンとミッションに共感できる方
・異文化コミュニケーション能力の高い方
・これから組織を創り上げていくという想いのある方(変革を楽しめる方)
・興味をもって数字の動きを見られる方
・途上国での業務遂行が可能な心身ともに健康な方
・アフリカにおける農業・農村開発や地球温暖化や土壌劣化といった地球規模課題に強い関心のある方

【給与・福利厚生】
・年収:4,300,000円~5,600,000円(経験・能力等を考慮の上、決定致します)
・福利厚生:交通費実費支給、完全週休2日制、各種社会保険完備、法人向け福利厚生制度加入、職員食堂あり(毎月一定額補助)、 人事評価により特別手当支給の可能性あり(但し当財団業績による)

【勤務時間】
・フレックス制度(コアタイム:10:00~15:00)
※月労働時間:7時間×その月の所定労働日数
・テレワーク勤務可
※週3日を目安に出勤とし、週2日はテレワークを可とする(応相談)

【募集期間】
2021/11/24~2022/1/15


【応募方法】
以下の書類をeメールで採用担当:及川、徳末(info@saa-safe.org)までご提出ください。


1. 履歴書(顔写真付)(日本語)
2. 職務経歴書 (日本語)
3. 応募動機作文(日本語)

※勤務可能開始時期を明記してください。
メールのタイトルに「財務・会計担当職員応募」とご記載ください。

【選考方法】
応募書類受付後順次審査を行い、書類選考後内定まで2回の面接と性格テスト、英作文テストの実施を予定しています。
書類選考に通過した方にのみ面接のご連絡をいたします。

※採用が決定次第、応募を締め切らせていただきますので、お早めにご応募いただくようお願いいたします。
※応募書類等は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

【採用担当】
担当者:総務課 及川、徳末
電話番号:03-6257-1870
Emailアドレス:info@saa-safe.org
ホームページアドレス:https://www.saa-safe.org/jpn/

【担当部署からのメッセージ】
当財団は、日本財団からの助成を受け、サブサハラ・アフリカ諸国の小規模農家を対象に過去35年間にわたって農業技術普及を行なってきました。東京本部は職員9名(うち経理課は3名)とこじんまりしていますが、4か国(エチオピア、マリ、ナイジェリア、ウガンダ)にある現地事務所では170名を超えるアフリカ人スタッフが活動しています。

今回募集するポジションでは、対象国における予算管理、経理・決算業務、を中心に多岐にわたる業務を行ってもらいます。具体的には、現地事務所とメールやオンライン会議を通じて日常的なコミュニケーションをとりながら、必要に応じて現地出張を行い、事業の円滑な予算執行に取り組みます。

なお、当財団は、社員、社員の家族の充実度を会社が創ることを意識的に取り組んでおり、テレワーク及びフレックス制度を導入しています。また、各種研修の機会も充実しており、会計システムに関する研修も定期的に行っているため、財務会計に関する直接的な経験の少ない方でもご応募いただけます。経理業務を通じてアフリカの未来をアフリカの人たちと共に切り開いていくダイナミックな仕事ですので、ご興味のある方には是非応募していただきたいと思います。

SAA 出版物のご紹介

SAA ヒストリーブック

"Walking with the Farmer -The journey of the Sasakawa Africa Assoication since 1986"のダウンロードはこちらから

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"のダウンロードはこちらから

Walking with the Farmer

英語版 E-ニュースレターはこちらから

日本語翻訳版(PDF)ダウンロードはこちらから

SAAメールニュース

SAAの活動動向などをレポートしたメールニュースを不定期発行しています。
ご興味がありましたら、是非メンバーにご登録ください。

メインパートナー

Nippon Foundation SAFE