ウガンダ
2023年9月30日

鉄分豊富な豆が成功の鍵~栄養豊かな食事に貢献するジョイ・カンシイメさん~

「鉄分豊富な豆は栄養価が高く、特に子供や妊婦さんを中心に地元のマーケットで高い需要があります」とウガンダの農家ジョイ・カンシイメさん(48歳)は話します。彼女は鉄分豊富な豆(Iron Rich Bea...

ウガンダ
2023年9月30日

環境再生型農業業による大豆栽培に取り組むエスター・アピオさん

ウガンダのコレ県アリトに住む農家エスター・アピオさん(40歳)は、養鶏事業で損失が続いていました。その後、半年という短期間で収穫が可能という大豆栽培に希望を見出し、事業を転換しました。しかし、長期間に...

ウガンダ
2023年9月30日

市場志向型農業が収益向上の足掛かりに~商才を開花させたアポロット・クリスティンさん~

ウガンダの農家アポロット・クリスティンさんは、協同組合に預けていた貯蓄額を2014年から2022年の間に、12万UGX(32米ドル)から、174万UGX(464米ドル)まで増やすことに成功しました。

ウガンダ
2023年9月30日

共同集出荷の実現が農家の生活を一変~コロベ・アナニアさんのストーリー~

3年前、ウガンダの農家コロベ・アナニアさんはローンや学費の支払いに追われ、苦しい生活を送っていました。就農を決意した頃は、農業で安定した生活を得ることを思い描いていましたが、実際の営農は予期せぬ失敗の...

KSADPが提供した販売店の販売業者イブラヒム・クラさん(カノ州バグワイ地区のダビノ村)
ナイジェリア
2023年9月25日

小規模な農業資材販売業者の成功が地域に与える大きな影響~ナイジェリアカノ州KSADPプロジェクト~

小規模な農業資材販売業者は、地域の農家に、改良種子や肥料、農薬などを届ける重要な役割を果たしていますが、ビジネスとして採算をとるのが難しく、ナイジェリア カノ州の販売業者は、事業運営に苦労していました...

ナイジェリア カノ州クラ村の農家アミヌ・ハシム・クラさん
ナイジェリア
2023年9月25日

課題を乗り越え地域のモデル種子生産者へ~ナイジェリアカノ州の農家アミヌ・ハシムさん~

アミヌ・ハシムさん(50歳)は、ナイジェリアのカノ州クラ村出身の農家で、4人の子供の父親です。ハシムさんは、長年小規模な土地で農業を営んできましたが、生計を立てるのに苦労し、収量確保に必要な改良種子や...

エチオピア
2023年8月17日

改良コンポストを導入するエチオピア・メケット地区の農家

有機肥料は、養分に富み、土壌を団粒化し、保水力を高めることで、土壌の健全性を保つ上で不可欠な役割を果たしています。糞尿や堆肥といった有機肥料は、限られた量ではあるものの、多くの農家にとって身近な選択肢...

改良品種の小麦・ソラマメの輪作を取り入れるホスト農家
エチオピア
2023年8月10日

ソラマメを使った穀物とマメ科作物の輪作の復活~農地の生物多様性と持続可能な農業へ~

農地における生物多様性の促進は、環境再生型農業の要です。豊かな生態システムは、多くの生物種に生息地を提供し、地上と地下の両方で生物多様性を保全します。

マリ
2023年7月30日

サマンコ農業大学の圃場が学生たちの起業の足がかかりに

マリのサマンコ農業大学には、オクラ、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンなど沢山の野菜が植えられた緑あふれる圃場があります。同菜園は、イノベーション、実践、起業家精神の学習の場として、同大学の「エンタープラ...

マリ
2023年7月30日

メイズ・ヨーグルトで一家の生計を支えるサナタさんのストーリー

マリ南西部のコロニ・バウンディオ村に住むサナタ・クリバリ・コネさんは、障がいをもつ夫に生活を頼っており、生計を立てるのに苦労していました。

SAA 出版物のご紹介

E-ニュースレター
"Walking with the Farmer"

SAAの活動動向をレポートしたE-ニュースレターを隔月で発行しています。

E-ニュースレターの日本語翻訳版(PDF)はE-ライブラリーでご覧いただけます。

SAAメールニュース

E-ニュースレター”Walking with the Farmer”(英語版)とイベント情報をメールで配信しています。是非ご登録ください。

登録はこちら

ヒストリーブック

“農家と共に歩んで ―ササカワ・アフリカ財団の農業支援の軌跡―”(日本語翻訳版)

SAAの創設から現在までの歩みを記したヒストリーブック(翻訳版)です。

サクセスストーリー
Voices from the Field Special Edition 2022

「現地からの声」の記事を特別編集版としてまとめました。